医療の移り変わり

人口動態から読み取る今後の医療 厚生労働省の統計データによると、1950年(昭和25年)~1955年(昭和30年)頃では、環境汚染や公衆衛生の悪化による感染症が流行しており、病院の感染症対策が主流でした。 その後、環境対 …

もっと見る